視力回復 トレーニング 子供 成績アップ 方法

脳を活性化して視力を回復すれば子供の成績はみるみる上がる

子供が近視や遠視、弱視などで視力が低下して目が悪くなると、勉強などに対してやる気がなくなつたりするものですね。

 

 

それによって
・物覚えが悪くなった…
・落ち着きがなくなりじっと我慢していられなくなった…
・集中力がなくなり何事にも根気が続かない…
・いいアイデアなども浮かばない。

 

 

など、全体的に体も疲れ気味といった、生きて行くのがつまらなくなったりしてきます。
これは、脳の働か悪くなり、集中力や自信、やる気、記憶力、想像力といった脳力が低下していることで起こるのです。

 

 

そして、それらを解決するには、脳を鍛え視力を回復させればいいのです。
視力が低下して目が悪くなると、ますます脳が働かなくなって、ますます脳力が衰えてきます。メガネやコンタクトなどでごまかしてもダメです。

 

 

子供の成績は、勉強する気がなくなってやらなくなってしまう場合と、いくら勉強して塾などを変えても成績が上がらないパターンの2つに分かれます。
一見すると、別の問題のように思えますが同じ原因なんです。殆どの場合は目が悪くなり、視力低下が原因なのです。

 

 

でも、大丈夫です。今からで十分に間に合います。脳から視力を回復する遊び感覚で出来る脳トレーニングのゲームを1日5分を目安でパソコンに向かって行うだけで、脳が活性化して、視力がグングンアップしてきます。

 

 

 

                 脳から視力を回復させる方法を見てみる

 

視力が上がれば、学力もアップする。

目と脳の深い関係をご存じですか?

 

 

実は、「視力」と「脳力」には密接な関係があり、「視力」の低下を防ぐためには、「脳力」の老化を防ぐことが重要なのです。

 

 

そもそも物を見るというのは、目の機能だけではなく、眼球でとらえた映像が脳に送られて脳が認識して初めて見えるという脳と目の共同作業です。

 

 

人間は目だけで物を見ることは出来ませんし、脳だけがあっても物を見ることは出来ません。
物は目を通して脳が見ていますので、脳の力の働きが悪くなると、視力も働くなくなり、見ることの刺激が脳に上手く伝わらなければ、脳は十分に力を発揮できないという事です。

 

 

ですが、脳は使えば使うほど鍛えられば、逆に使わなければ使わないほど、脳内視力はどんどん衰えて行きます。
子供の視力が学力に大きく左右している理由は、ここにあります。

 

 

そして、多くの人は視力が低下したら眼科へ行き、近視や遠視などの診断をされると、医師の言われるがままにメガネやコンタクトを作り、一時的に良く見えるようになりますが、そのうちに視力が更に悪くなり、メガネやコンタクトを作りかえたりなどの対処をされている人が大多数です。

 

 

ですが、これは視力を良くする治療ではなく、あくまで対処であって視力回復をさせている訳ではありません。

目が悪い子は勉強や運動で挫折感を味わう

目が悪い子は物がぼやけて見えたり、本を読む時に読んでいる行を間違えたり、読んでいる場所を忘れたりといった事が起きます。

 

 

先生が黒板に書いたことをノートに写すときでも、目の良い子供なら一度見れば、スラスラとノートに書き写しできるでしょうが、目が悪い子供は、何度も黒板を見ては写すなど繰り返さなければ、黒板に書いてあることが覚えられません。

 

 

また、覚えたことも忘れてしまい、何を書いたか分からなくなってしまうのです。

 

 

目が悪くなるという事は、形や数などの認識が弱くなるので、似たような文字を誤って書いたり、書いている文字の大きさなどもバラバラになったりするものです。

 

 

また、物を見るというのは、酸素を大量に使いますので、目が悪くなると、自然と姿勢が前のめりになっくることから、肺が圧迫され、酸素不足を起こして勉強をしようとすると眠くなったりしてしまうんですね。
したがって、読解力などの理解する力も低下してきます。

 

 

また、運動では、特にボールを使ったものは、目でボールを追うことが出来ず苦手になりますし、距離感が掴めずよく転んだり、物に良くぶっかったりします。
また周りから、情報を受け入れにくいので、動きが鈍くなりがちになり、運動神経が悪いと思われてしまうことが多いでしょう

 

 

周りについていけないので、どうしても単独行動になってしまい、チームプレイをするサッカーや野球などで浮き上がってしまうことも多くなります。

 

 

このように勉強や運動の面で目が悪くなると挫折感を味わってしまうようになるのです。
ですが、そのような悩みも今からでも解消し、視力回復と成績を同時に上げることが出来るのです。

 

 

そんな脳から視力を回復する画期的な方法は下記から詳しくご覧になれますので、目から脳を鍛え、成績アップをきっかけに、親御さんはお子さんの才能や実力を更に伸ばしてあげましょう。