視力回復「福辻式」 DVD ストレッチ 効果 即効性

眼筋が衰えるとピント調節力が低下する

眼筋が衰えるとピント調節力が低下するということをご存じでしょうか?
物を見る時に大切なのがピント(焦点)を合わせる機能ですね。見る対象物に応じて目は、自動的にピント(焦点)を調整しており、いわばカメラで言うオートフォーカスのような機能です。

 

 

この機能は眼球の水晶体の厚みを制御することで成り立っており、これを通して光の屈折率を変えて網膜に映像が伝わり物を見ることが出来るのです。
そして、この水晶体がスムーズに動くのを支えている筋肉が毛様体筋ですが、この焦点を合わせる調節機能が上手く行かなくなった状態が、いわゆる近視や遠視です。

 

 

水晶体は通常の状態では薄く伸びた状態にありますが、近くの物を見る時には水晶体のレンズを厚くし光の屈折を強くしていますが、近視では光の屈折力が強くなりすぎて、網膜の手前でピントが合ってしまい、近いものが見ずらくなってしまいます。

 

 

逆に、遠視は屈折させる力が弱い為に、網膜の後ろでピントが合ってしまう為に、物がはっきり見えなくなってしまいます。また、乱視は角膜の水晶体に歪みがあることで、ピントを複数の箇所で合わせるようになるためハッキリとした映像が網膜に伝わりません。

 

 

つまるところ、水晶体の屈折に異常が起きるのは、悪い姿勢や暗い状態で物を見続けたりすることで、目の筋肉が緩んでしまい調節できなくなった状態と言えます。
その上、血流が悪くなったりすることで、物が見えにくくなってくるんですね。

 

 

そして、その状態になってしまうと、目が乾燥したり充血するなどがおき、更に視力低下を助長してしまいます。
ですが、このような目の不調は一度起こったら元に戻らないかというと、そんなことはありません。

 

 

目を支える筋肉の血行を良くして、柔軟性を取り戻したりして、目に栄養が届きやすくすることで視力が改善することがあるんです。
これは、近くのピントが合わしずらくな加齢とともに起こる老眼に対しても言えます。

 

 

これまで老眼や近視、遠視、乱視の進行を止めることは難しいと言われてきましたが、目の正しいストレッチを行うことで、実際に多くの方が実践し、その体験から決して視力回復は不可能なことではないという結果が出ています。

 

 

簡単なストレッチやツボ刺激で視力回復する画期的な方法

 

                視力回復「福辻式」DVDの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 視力回復の為の知識 リンク集