視力回復「福辻式」 DVD ストレッチ 効果 即効性

肝臓と腎臓を健康に保つと視力回復する

東洋医学では、肝臓と腎臓が目(眼球)と深く関係していると考えられてます。
肝臓と腎臓の機能が落ちると視力が低下し、逆に視力が落ちると、肝臓と腎臓の機能も低下します。

 

 

つまり、いくら頑張って眼球運動をしても肝臓と腎臓が良く働いていないと効果があがりにくく、仮に一時的に視力が回復しても、それを定着させるには、内臓だったり、体全の筋肉だったりと目だけではなく体全体から見ていく必要があります。これに眼球運動などを併行しておこなうことで、より視力回復の良い結果に繋がるということです。

 

 

そして、右半身の肋骨の下にある肝臓を指で刺激することで、視力の改善が期待出来ます。
やり方は、肋骨の下のみぞおちより、少し下あたりに4本の指を食い込ませるようにして入れ、肝臓を押します。そして、その状態を5秒程度維持するようにします。

 

 

次に、肋骨に沿ってやや下に移動して同じように4本の指を食い込ませるように入れ、これも5秒程度維持します。更に、そこから肋骨に沿って少し下にさがり、同じように指を食い込ませて同じ時間を保ちます。

 

 

なお、この時に指が入らないという人は、腎臓があまり良い状態ではないと言えます。
肝臓を指で刺激することで、肝臓の血行が良くなり、視力回復を図ることが期待出来ます。これを1日に3回程度繰り返して行うようにします。

 

 

また、この動作を分けて行ってもかまいません。1セットほど就寝前にやると最も効果がでやすくなるでしょう。
注意点としては、直ぐに効果が出なくても、1週間くらいは続けてみて下さい。
逆に効果が現れたとしても続けなければ、効果が落ちてきますので、なるべく続けることで安定した視力回復に繋がるでしょう。

 

 

簡単なストレッチやツボ刺激で視力回復する画期的な方法

 

                視力回復「福辻式」DVDの詳細を見てみる

 

 
実践者の声 視力回復の為の知識 リンク集